持ち物リスト2

持ち物リスト2

 

以前持ち物1で必需品と、衣類について記載しました。
今日は、それ以外の持ち物を記載します。
このリストを参考に持ち物の準備を進めてください。

 

1電化製品

 

携帯電話
パソコン関係
充電器
変圧器
コンセントの変換器
電子辞書

 

家電製品は、海外は電圧が違うことがあるので、
全ての物が海外で使えるわけではありません。
海外に対応しているかどうか、しっかりコンセントに書いてあるボルトを確認してください。
ドライヤーなど、強いボルトのものは、電圧が違うと爆発する事があります。
ですので、個人的にドライヤーは、持っていかずに、現地で調達する事をお勧めします。

 

iPhoneは、海外での充電可能ですが、コンセントの形が違うので注意してください。

 

変圧器は、電気屋で購入できますが、ボルトの高い製品は使えないので、
パソコンの充電、携帯の充電器など小さな電圧の物に利用してください。
電気屋で2000円?4000円で購入できます。
電圧の許容範囲によって違います。
また15000円ほどの大きな変圧器もありますが、留学であれば、小さなもので十分です。

 

2日用品
お茶碗
お箸
スプーン、フォーク2客
タオル 5枚
バスタオル2枚
化粧品
化粧水・乳液
コンタクトレンズと、その用品
メガネ
薬(頭痛、腹痛、風邪など必要な物)
くし
歯ブラシ・歯磨き粉
爪切り
(生理用品)
洗濯ネット

折りたたみ傘
シャンプー・トリートメント

 

お茶碗とお箸ですが、日本人なので海外に行ってもたまに日本食が恋しくなります。
お茶碗やお箸がなかなか売っていないことと、売っていても少し値段が高いので、
スーツケースに入れてもそんなに場所もとらないので、持って行く事をお勧めします。

 

薬は、普段から使いそうな物を念のためにもっていきます。
もちろん海外でも病院で処方を貰えば購入できますが、
海外の薬は、錠剤のサイズが大きくて日本の薬より飲みにくいので、持って行くと便利です。

 

コンタクトレンズも、できれば、1年分持って行くと便利です。
もちろん海外でも購入できますが、持っていければそれに越したことはありません。
アパートにもよりますが、家に余っているスプーンとフォークがあるのであれば、
節約の為に持って行ってください。節約も出来ますし、着いてすぐに使える物があるととても役立ちます。
タオルも同じく、行ってその日から使えるものは、あると便利です。
タオルを持って行くのは場所をとりますが、
割れ物などをスーツケースに入れる時にクッション代わりにもなるので配置を考えてスーツケースに入れてください。

 

海外の洗濯機は、日本の洗濯機よりパワフルなので、生地に穴が空いたり結構します。
大切な服は、洗濯ネットに入れて洗うことをお勧めします。