海外での節約術

海外での節約方法

 

 
海外でできるだけ出費を控えるためにどのようなことをしたら良いのか、
簡単にできる節約方法を紹介します。

 

1お買い物の時バックを持っていく
最近日本でもそうですか海外では、ほとんどのスーパーマーケット(約95%)がビニール袋が有料化しています。
うっかり忘れることもあるかもしれませんができるだけカバンの中におりたためるような袋入れておくと便利です。
イタリアの場合買い物袋が、20セントでした。

 

わずかなように感じますが、スパゲッティー500g一袋が1ユーロ未満なので、何回もビニール袋を購入していると結構な出費になります。
たとえひと手間でも持って行くことをお勧めします。

 

2日本円の両替はレートをしっかり見る
日本円で生活費を持っていったとき、渡航先では俺からその国の通貨に変えなければいけません。
できるだけ毎日レートを確認しやすくなったときにまとめて帰っておく方が良いでしょう。
毎日のレートは1円または、2円くらいしか変わりませんがまとめて両替するとこの小さな差額が、大きくなります。

 

3両替する場所のレートを比較する
両替をするレートは場所によって異なるので、よく覚えて比較したほうが節約につながります。
例えば空港にある両替はレートが、悪いことが多く手数料が多く取られるので、急ぎでなければ避けた方が良いと言えるでしょう。

 

銀行でも銀行によってはレートが違うので近くに銀行が多数あるのであれば比べながら相場を調べた方が良いでしょう。
また観光地の近くには両替所がありますが、観光地と言う場所や立地の良い所ではレートが悪いので、できれば避けた方が良いかもしれません。

 

4クレジットによる引き出しは締め日を覚えておく
海外でのATMからクレジットカードを使って、お金を引き出すのはとても便利ですが、月に1回締め日があるのをご存知ですか?
その日がいつなのかを把握しておくようにしてください。
例えば25日が締め日だとします。

 

24日にクレジットカードによりお金を引き出した場合、1日分の利子を払うことになります。
しかし25日にクレジットカードにより引き出してしまうと時差によっては、日本が26日になっている場合があります。

 

その場合1ヶ月分の利子を払わないといけなくなります。
しっかりと時差を考えて締め日に近い日にちにクレジットカードによる引き出しをするようにしてください。

 

銀行によっては手数料払わないといけませんが日本の口座から直接引き出しができる
国際カードを発行しているところもあるのでそれを利用すると比較的安くお金を引き出すことができます。
このようにお金の引き出し方やレートはとても大切で大きな節約につながるので毎日コントロールすることをお勧めします。