自宅の節約方法

見直し・置き換え節約術

節約方法,自宅
これから教育費などのお金が掛かる子供のため、不安な老後のために節約をしています。
節約の一歩として、給料日にお金が入ったら先に決まった額貯金をしてしまいます。

 

そうすると使えるお金が少なくなって悲しい気分にもなるのですが、でも気が付けば確実にお金が貯まっていくという訳です。
たまにその貯まったお金を通帳の上で確認すると、とても嬉しくなって、また日々の節約を頑張ろうと思えます。

 

それから一番節約できるのは食費だと思います。
節約のコツはスーパーにはあまり行かないようにする事です。

 

お金も沢山持って行くとつい気が大きくなって余計に買ってしまったり、その時必要のない特売品などを買ってしまうかもしれないので、必要なだけ、例えば3千円だけを持って行きます。

 

買い物に行く前にはチラシをじっくり見て、なるべく安い店に行くようにします。

 

買い物に行く前には何か食べた後で、空腹の時に行くとついお菓子やパンが買いたくなってしまうので気を付けます。
他に工夫している事は、冷蔵庫にある食材などをだぶって買ってしまわないよう、入っている食材はメモしてドアに貼ってチェックしています。

 

こうすると食材を無駄に腐らせてしまう事も防げます。
買い物に行った後は残った小銭などは全て貯金にします。

 

小さい事ですがこれで少しずつですが確実に、意外と私は楽しんで節約できています。

 

お金の節約として有効的なのは、外出をしない、という点です。
外出をしなければ欲しい物も目に留まりませんし、喉が渇いたりおなかが空いたりした際に無駄に外食をしません。

 

私は節約にはまってからは外出をしなくなりました。
元々インドア派でしたので外出をしない事は苦痛ではなく、家に居る時はお茶を作って飲んだり、自炊をして食事を行い、余暇は副業を行なったり寝たり、掃除をしたりインターネットをしたり、友達と電話をしたりと実に地味ながらも節約的な生活ができています。

 

インターネット回線は定額ですのでいくら利用をしても安心、電話もインターネット電話なのでお金が掛かりません。
喉が渇いた時に、自動販売機でジュースを買って飲んでいては積み重なるとかなりの出費になりますよね。

 

けれども外にいるからといって水道水を飲むのはちょっと、と躊躇してしまうためにどうしても飲み物を買ってしまいがちですが、自宅におれば自分でお茶を作って冷やしておけば、いつでも格安で喉を潤す事ができます。

 

家にいるとインターネット通販をしてしまう、という人は注意が必要ですが、自宅に居ながらにして節約、という方法はお勧めです。

 

慣れるとお金を遣わないのが当たり前になります。

 

考え方一つで変わるものです

 

節約を続ける上で大切なことの一つは、節約の効果を数字にすることであると私は思っています。
具体的な現金にすれば、頑張っているとより思えるでしょうし、金額が小さければもっと頑張らなくてはと思えるからです。

 

数字にする上でもう一つ大切にしていることが、置き換えです。
数字だけを見ると大した金額にならないという場合、頑張っていても、自分は頑張っていないと思ってしまいます。

 

そんな時は置き換えです。
もっと具体的なものに置き換えれば、自分は頑張っていると思うことが出来ます。

 

例えば、マイボトルを持参することで、1本100円の飲料を1年のうち300日我慢したとします。
単純にするため水道代などを考えないとすれば、年間30,000円の節約に成功します。

 

年間30,000円ということは月2,500円の節約です。
こう考えると大した金額ではなさそうです。

 

ですが、おかげで携帯代が5,000円以内に収まると考えればどうでしょうか(月の携帯代が7,500円以内の人限定ですが…)。
福沢さんでないと払えなかったのが、樋口さんですむようになるのですから、とても大きなことに感じられます。

 

夏の暑い日、エアコンを使って電気代が高くなっても、このお金のおかげでダメージが軽減されたと考えればどうでしょうか。
考え方を考えれば、その大きさに気付くことが出来ると思います。

 

いろんな置き換えをしてみて、頑張っている自分を褒めてあげましょう。

 

我が家の節約術

節約方法,自宅
毎月の収入が少ない我が家では食費にかかる割合が非常に高い、つまりエンゲル係数が一般家庭に比べて高いのが特徴です。
従ってお金を節約するためには、食費をいかにして減らすがということが一番大きな問題ということになります。

 

我が家では基本的に、絶対に外食はしません。
外食は無駄使いの元ですから、よほどのことがない限り必ず家族全員で一緒に家で食事をするようにしています。

 

また、朝食は、必ず食パンです。
絶対に菓子パンは買いません。

 

ましてデニッシュ系の菓子パンなどもってのほかです。
食パンも、割引セールを狙ってまとめ買いをします。

 

食材などを買い求めるのは、必ず近所のスーパーの夜に家族で揃って出かけるようにしています。
なぜなら半額セールの時間帯になるからです。

 

ただ、これも時間をうまく選ばないと難しいところがあります。
というのは、閉店間際の午前0時近くにスーパーへ行っても、めぼしい半額商品はほとんどありません。

 

全てほかのお客さんが買い求めてしまっているか、お店側が引き上げてしまうため、夜9時半頃が近所のスーパーでは一番いい時間となりますので、その時間帯を狙って買いに行きます。
食費以外では光熱費をいかにして節約するかということも重要です。

 

我が家では自分の部屋にこもることは禁止です。
家族全員いつも同じ部屋にいるようにしています。

 

もちろん寝るときもです。
こうすれば電気代もそれほどかかりません。

 

さらにお風呂も家族全員で一緒に入ります。
こうすることでお風呂をわかすのを一回で済ませることができるのです。

 

こうした努力をしながらこつこつ節約をしています。

 

関連ページ:ライフカードでキャッシングってできない?便利なお金の借り方があった