トラブルが起こる前に確認しておきたいこと

トラブルが起こる前に確認しておきたい事

 

海外でのトラブルは、日本にいる時よりも悩むことが多く、
どのように対処すればいいのか悩むものです。
海外でのトラブルにあった時に困らないように
前もってしておきたい事をこちらに書いておきますので参考にしてください。
 

 

1警察署の場所を確認しておく
万が一トラブルが起きたことをついに想定しておくことで、トラブルを回避できます。
まず留学先に着いたとき、街を歩きながら警察署の場所を確認しておきましょう。
警察署は、トラブルが起きた時だけのためではなく、
今後書類を提出したりするときも役立つので、しっかりと場所を把握しておくことが大切です。
国見よっては警察署にもいろいろ種類があり、
税金を調査するためだけの警察署やトラブルに対処する
いわゆる警察署などいろいろあるのでしっかりと確かめておいてください。

 

2警察署の電話番号を覚えておく
日本の警察につながる緊急の連絡番号は、110です。
海外にもこのような緊急連絡番号があります。
まず留学先に着いたときに番号を確認しておき携帯に入れておく、
またはメモしたものを財布に入れるなどして常に持っておくと安心です。
トラブルにあった時は、冷静に行動できないので、
しっかりと記録に取っておくことで、番号を思い出し、より早く対処できるでしょう。

 

3保険の証書や、契約時にもらったパンフレットに目を通しておく
盗難事故や事故等保険外車で保証をしてもらうことができるかもしれません。
この保険を使うことについてですが、意外とたくさんの人が、
上手に利用することができず、後から後悔するパターンが多いです。
たくさん書いてあるので、面倒くさくてついつい読まずにいますが、
一度目を通しておく事で、気に留めておくことができます。
目を通す時に、どのような時に保険が有効なのか、
盗難、紛失、損傷などポイントを押さえておきましょう。
また、どのような手順を踏めばいいのかも、読んでおくといざという時に役立ちます。

 

これらの事を、トラブルが起きる前に確認しておくと、
万が一の事態が起きた時にスムーズに判断ができ、
連絡するべき場所や、用意すべき書類や手順を素早くできるようになります。
保険が有効であった事に、後から気づいて「しておけばよかった。」
と後悔する人が多いのでそうならない為に、加入した証書をしっかり把握しておいてください。
また、警察の番号は、日頃から復唱しておくようにしましょう。
残念ながら日本人は、盗難やスリの被害によく合ってしまいます。
気をつけていても起きてしまうので注意してください。